白金台エリアで賃貸物件、売買物件をお探しならピタットハウス白金台店 ㈱ハウズへ!

白金台、白金高輪エリアの賃貸・売買物件をメインに取り扱っております

お気軽に何でもご相談下さい!

白金台の不動産なら地域密着のピタットハウス白金台店 ㈱ハウズへ

  • 03-3441-6090
  • 営業時間 10:00~18:00
TOP
>
>
>
紅葉のプラチナ通りに見慣れない自販機を見つけました。

紅葉のプラチナ通りに見慣れない自販機を見つけました。

プラチナ通りも紅葉が始まりましたね。

日の当たる木から紅葉しています。

一気に黄色くなって銀杏並木の綺麗なプラチナ通りを散策してみてはいかがでしょうか?

そのプラチナ通りに見慣れない自販機があったのでご紹介します。

コーヒーがお好きな方の中では有名なお店のブルーボトルコーヒーの自販機です。

ブルーボトルコーヒーをご紹介すると

ブルーボトルコーヒーはなぜ「ブルーボトル」なのか
伝説はこのようにして始まりました:1600年代後半。中央・東ヨーロッパの大部分を占領していたトルコ軍は1683年にウィーンに到着しました。敵軍に囲まれて深刻な状況に陥っいていたウィーンは、包囲網をくぐり抜けて近隣のポーランド軍にメッセージを送ることができる使者が必要でした。トルコ語とアラビア語を話すことができたフランツ・ゲオルグ・コルシツキーはトルコ軍のユニフォームを身にまとい、この任務を引き受けます。幾度もの危機を乗り越えて、コルシツキーは重大な任務を果たし、ポーランドに援軍を依頼することに成功しました。

その年の9月13日にトルコ軍は撃退され、持ち入れたものすべてを置いて逃げ去って行きました。その物資の中に豆の入った袋があり、その奇妙な見た目から、ラクダの餌だと思われていました。ただ、アラブ諸国に住んでいた経験のあるコルシツキーは、それがコーヒー豆だと知っていました。彼は褒美としてもらったお金でそのコーヒー豆を買い取り、中央ヨーロッパで初のコーヒーハウス「The Blue Bottle」を開業し、解放されたウィーンにカフェ文化をもたらしたのです。

ブルーボトルコーヒーのHPから

宣伝なども大きくされておらず白い自販機に売られている商品も白っぽい商品が多いので全くと言っていいほど

目立たないのですが知る人ぞ知るなんでしょうね。

紅葉の始まったプラチナ通りの自販機に置かれたブルーボトルコーヒーのラインナップ…

 

何故かまだ全て冷たい!

 

これから内容も変わっていくのかな?

 

ブルーボトルコーヒーのコーヒーへのこだわりは

グリーンビーンバイヤー(生豆のバイヤー)が季節ごとに旬のコーヒーを吟味し、最もおいしいとされるコーヒー豆を世界中から買い付けているそうです。そして、そのコーヒー豆が持つ個性を最大限に引き出すべく、コーヒー豆の種類に応じたレシピを使用して自社のロースタリーで焙煎しているこだわりよう。

焙煎後は、豆ごとに測定したピークフレーバー期間(おいしさが最も際立つ期間)内にコーヒーをお楽しみいただけるよう、フレッシュな豆のみをロースタリーからカフェに配送。そして、熟練のバリスタが一杯ずつ丁寧に抽出し、風味豊かなコーヒーをお届けしているそうなので缶コーヒーは工場直送となれば一番美味しい!?

 

紅葉のプラチナ通りをブルーボトルコーヒーのコーヒーと一緒に歩いてみませんか?

ガラス窓に反射して黄葉がより綺麗に見えます。

この時期の白金台を是非楽しんでください!