不動産売却ガイド

売却の最初の一歩は査定から

ハウズの査定はカンタン、必要項目はたったコレだけ。


不動産売却のポイント 売却までの流れ
査定を依頼しよう

「いくらぐらいになるか知りたい」

ネットから必要項目を入力するだけの、概算がわかる簡易査定をご利用ください。

さらに適正価格の算出をご希望の方には「訪問査定」を行います。
簡易査定も訪問査定もどちらも無料です!
お気軽にお申込みください。

諸費用、税金、スケジュールなどもしっかり確認できる訪問査定で、今後の予定が立てやすくなります。
無料ですのでお気軽にお申込みください。

媒介契約を交わして売却活動を依頼する

不動産会社と媒介契約を交わして、査定価格を参考に販売価格を決めます。
媒介契約は無料です。

査定価格から大きく上回る金額で売り出すと、売却に時間がかかってしまいますので
販売価格についてはしっかりとご相談いたします。

1社のみに依頼する「専属専任仲介契約」「専任媒介契約」と、
複数の会社に依頼できる「一般媒介契約」があります。

販売活動を開始します

インターネットやチラシ、住宅情報誌、オープンハウスなどで地域・全国に告知します。
販売活動は無料です。

居住中の場合でも、キレイにして購入希望者をお迎えすると効果的です。
顔である玄関や、水周り、収納スペースのチェックができるように、収納内部を見せることができるよう整理整頓をしましょう。

売買契約成立

購入者が決まりましたら、売買契約を結びます。
物件の状況を説明したり、手付金(売買価格の約10%)を受領します。

収入印紙代や、仲介手数料の半額など、諸費用が発生します。 必要なものは事前にご連絡しますので、売買契約までにご用意ください。

物件の引渡し

残代金(手付金以外)や固定資産税などの精算金を購入者から受け取り、 鍵を渡し、引渡し終了となります。

すべての金銭の清算が終わりましたら、買主様へ所有権移転登記を司法書士へ依頼します。
住宅ローン返済中の場合は抵当権の抹消も行います。

査定価格は、成功事例を参考に各項目別に評点比較を行い算出するため、売りに出された価格と制約した価格に差があることが多く、そのため査定価格が安く感じてしまうことがあります。
まずは査定をし、大体の売却価格を把握してから、資金計画をたて物件探しをされるのが良いでしょう。 引渡しまでのスケジュールなど細やかなアドバイスを致します。
契約したまま放置を防ぐために、1社のみに依頼(専属専任媒介契約)した場合は、宅地建物取引業法に基づき、一週間から2週間に1回の活動報告が義務付けられております。 安心してお任せください。